香港の将来は 明るくない

f:id:takuotoko:20131023173444j:plain    世界の工場と言われた 中国は 今はコスト高(人件費、物価などの急激な上昇)で メリットがなく チャイナリスクもあり 中国に工場を置く意義が なくなって来ている。 日系企業も 撤退までしてないが 縮小の方向に向かってる。 ベトナム、カンボジアなど 他のアジア地域に移行して行ってる。 香港駐在日本人は 約2万5千人、金融、商社、製造業、サービス業など…… 内、製造業の日本人が減っている。 香港日本人学校(小学、中学)は、2校あり 多い時で 生徒2000名、今は 900名、半分以下 家族を帰国させ 単身赴任になってるか、駐在員が若返っているか………。 香港は、物価が日本より高く 特に 不動産(家賃)はバカ高。生活がたいへん。  私の商売も 去年から 下降ぎみ、帰国や他のアジアに転勤が多い。 顧客の80%が 日本人なので、痛手がある。  将来的には 中国、香港から 日系 含め 外資系は 更に 減って行くだろう。  香港は 経済面も 低迷傾向、政治面は どんどん 中国化が進み、1997年 香港返還時の 中英共同宣言「一国二制度、50年体制不変」は 揺らいできてる。 (まだ 19年しか経過してない)   言論、報道の自由も 脅かされてきているし、 先日の 香港の書店関係者失踪事件で、英国やニュージーランドなどに 移住を考えている香港人がいたり、 富裕層は 2047年の前に 海外に移住してしまうかも知れない。 ………………………………………    香港の将来は 明るくない。