映画『明日の記憶』…… 「アルツハイマー病」明日は我が身……

f:id:takuotoko:20150521223055j:plain  2007年以来、再び観た。 さすが 『はやぶさ』などを 手がけた堤幸彦監督、よくできた映画です。  ……………… 病院での 診察シーンで、あるテスト「次の3つの言葉を 覚えてください。後で 質問します。」……… 自分も 映画 観ながら 試したが、一瞬 忘れてしまった。……………… 病名を宣告され、自暴自棄になる主人公への 医師の言葉に感動した「……… 死は、老いる事は、宿命です。病気にも なります。……… 今 私は医者として、できる事を したい。 貴方も、自分に できる事を してほしい。あきらめないでほしい。…………」 _______________  不治の病が 進行している本人と その家族( 特に この映画では 奥さん )の ご苦労に 心が 締めつけられる思いです。 介護する苦労は 体験者の方々にしか わからないのでしょう。 今
現在、日本全国に 同じ苦労を されている方が 大勢いらっしゃる。 「 介護されるか、介護するか、 明日は 我が身。」 いえ「死ぬまで 健康で 居続けたい。」