【序章】……「私が バービーよ」……

f:id:takuotoko:20150422011216j:plain  【本題】現 香港政府は、正に 典型的な『傀儡(かいらい)政権』。 ★注釈 ; 傀儡政権とは、「名目上は独立してるが、実態は 外部の政権-国家によって管理-統制-指揮されている政権。 内政も外交も自己決定権が完全になく、支配者に操作-命令-統治される」★  つまり、香港政府は中国政府の『バービー人形』 じゃなく『操り人形』そのものだ!
1997年 イギリス植民地から中国に返還され、「50年 体制不変、一国二制度を継続」…………………… が、しかし 中国本土からの合法移民者が増え過ぎ、本土化がじわじわと進み、現 行政長官が就任してから 特に中国化が 目立って顕著になっている。 …………………  「一国二制度、50年体制不変」? ウソつけ!! …………………  中国人 曰く「契約書 誓約書? そんな物は紙きれ」「約束事? それは破るもの」 ……………… 『中国』と書いて『ペテン師』と読む。 『共産主義』と書いて『不平等格差主義』と読む。 …………………   【後書き】 私は、香港に27年間 在住して 返還前から 香港の変遷を見、肌で感じてきました。 自分にとって 香港は 第二の故郷と言っても過言ではない。 だからこそ、香港の未来に 期待を持つが、中国化して行く香港の現状と 未来を憂う。  かつて、天安門事件があり、多くの香港人が危機感を抱き、返還前に 一部 海外移住したように、今 また、海外移住志向の香港人が増えているらしい。    【P.S.】 自分は、香港への思い入れがある。 長い間 香港にお世話になり、香港で成長させて頂いた。こんな自分を 受け入れてくれた香港に感謝している。 だから、これから 恩返しするため、香港のために 香港人のために、何をすべきか? 模索しています。